社会で活用できる教育システムの必要性

義務教育では画一的な学習システムになっていて、それを補うために学習塾などがあります。
とくに受験では、学校の授業では合格できないということもあり、学習塾が利用されています。
受験のテクニックも含めて学ぶことになります。
一方で社会に出てから必要な一般常識という内容もあります。
その内容も重要で、社会に出る前によく理解しておくと、社会に出てから常識がないと批判されて評価を落とすことも少なくなります。
義務教育で必要だと考えられる内容としては、お金の扱い方があります。
蓄財や投資などですが、その他にも世の中には悪意ある人間もいて、隙を見せると騙してお金を奪うという人たちもいます。
それらの対処の仕方も学んでいると、基本的な騙し方は同じなので社会に出て大いに役に立ちます。
そのほか節約の方法、クレジットカードの利用の仕方、人間関係などもあります。
学ぶべきことはたくさんあるので、それらの実践的な教育も強化すべきではないかということになります。